夕日の滝

朝日が射し込む

神奈川県足柄市「金太郎伝説」の残る地。
2014年に一度行っていて、滝があるのは案内で知っていたのですが、駐車場からかなり歩かなきゃいけないと思い込んでいて、手前でやめてた場所。

ふと、神奈川県内の滝でも撮りに行こうかと思い立って
道志の方で一滝見た後に足柄にある「夕日の滝」を見に行ってみよう!と。

駐車場着いてこの橋を見た時に「あ、ここ前に来た!!」と思い出す。
(比較的記憶力はいいはずなんだけどな)


2014/11/1 撮影

駐車場から徒歩数分でこの赤い橋のとこに着きます。橋の下には滝から繋がってる川が流れてる。
前回訪れた時は木々の間から午前の日差しが漏れていて、とても神々しかった。

で、その前回(2014年)はここまでしか行ってません。滝は遠い山の中だと思ってたから…。
今回はそこからさらに奥に進んでみました。

と言っても歩きだしてすぐに滝の音が聞こえてくる。
あれ?駐車場からそんなに歩いてないのに音が聞こえるって、どんだけの大きさの滝なんだろ??と思ったら見えた。


夕方なので薄暗い。でも道はちゃんと整備されてます。

苔むした岩たち、木々の向こうに滝が見える。
そのまま歩くとほどなく滝に到着。



えっ。こんなに近かったの??なんで前回は敬遠してたんだろう…。やっぱとりあえず行ってみるべきだわ…。


「夕日の滝」の名称は毎年1月の半ばに夕日が滝口(滝の水が落ちる場所)に沈むそうで、その美しさからつけられたそう。
ただ、午前中の太陽が出てる時であれば滝口に太陽が見れることもあるようです。季節によるんだろうな。

滝の落差は23m 幅が5m。まっすぐに滝壺へと滝が流れ落ちてます。
なのでここは滝行でも有名な場所みたい。検索するとわんさか出てきます(笑

また「金太郎伝説」で有名な足柄ですが、金太郎が産まれた時にこの滝の水を産湯につかったとも伝えられています。




アンダーにしすぎたかな
昔はもっと水量も多く勇ましく水煙をあげていて、「雄飛の滝」という別名もあったそうですよ。ただ、間近で見れるし今でも結構な迫力ですが。

もちろんこの距離だと飛沫も盛大に飛んでます。レンズ拭き拭き撮影。

滝の目の前まで行けるので全体入るかな?と思ったけどフルサイズ換算24mmで上の写真です。


こちらも2014/11/1撮影 紅葉の時期だぁ

駐車場も無料でバンガローやオートキャンプ場もあるので親子連れなんかで賑わいます。
バーベキューとかいいなぁ。

普通に駐車場からすぐなので普段着の軽装でまったく問題なし。
滝前のあたりも広々してます。(木の根っこがいっぱいだけど)






足柄市公式ホームページ ➡️ http://www.city.minamiashigara.kanagawa.jp/kankou/spot/yuuhino_taki.html






夕日の滝を写したもののみ、2017/10/10 撮影
その他は、2014/11/1 撮影です。ちょうど今頃は紅葉が見頃かと。かと。

2017/11/03筆