疾く過ぎゆくな




起きたらなかなかの良い天気。これからしばらくは動き回れない予定なので、急遽千葉へと出動してきた。


私が千葉で見る夕日は割とオレンジに焼ける確率が高いです。海も雲もあたり一面がオレンジ色に染まる。息を飲む瞬間。
沈む夕日を撮ろうとファインダーをのぞいているけれど、思わず引き込まれてシャッター切るのを忘れて見惚れてしまう。


ファインダー越しの景色も素敵、もちろん写真に収めたい。
けれど目の前に広がる広大な素晴らしい景色を、自分の目で記憶に焼き付けることも大好きで。
散々見惚れてから「……………はっ!写真!」って慌ててシャッターを切ったり
そんなこんなを繰り返していると夕日はあっというまに落ちていく。


二度と同じ夕日はないと思うから、素敵!と思った瞬間はなんとか写真に写し撮りたいけれど
同じくらいに生でその感動をじっくり味わいたい…というのも本音。


こんなジタバタしてるけれど、いつかは自分の納得する写真が撮れるかな。
いつまでもずっと悩んだり喜んだり追いかけっこかな。
それも含めて楽しんでいければいいな、という贅沢な欲求だけは常に持ってよう。


なんて思いながらふと足元に目を下ろしたら結構な大きさのフナムシが…
ぎゃーーーーーーーーーーーーっ!!って声にならない悲鳴。
(たぶん向こうもぎゃーーーってなってる)




雲が多くて富士山は見えなかった…残念。



フナムシで無言の絶叫をした後にhappyな光景が。




生まれて初めて見た彩雲。
古来から瑞相(良いことが起きる前触れ)の一つと言われ、「見た人には幸運が訪れる」と言われている。
他の方の写真で見たことはあったけれど自分の目で見たのは初めてで、
嬉しくて一瞬でテンションがMaxにあがった。本当に虹色なんだ!!と…笑



※記事訂正
彩雲」ではなく「幻日」ということが判明!無知ですみません…でももう勉強したから!これからは大丈夫!うん!w

ちなみに全体で見るとこんな感じでした。ちょっとわかりずらいかなぁ…



左の虹色の雲を切り取ったのが上の写真。



きっと!happyなことがありそうー!
御守り代わりに大事なフォルダへと移しておこうっと。



よし、終わりよければすべてよし。だ。


教えてくれた松井さんありがとうw

  松井さんのやってる素敵なBLOGはこちら➡︎ TAMOTSU MATSUI PHOGRAPH 北海道の素敵な風景がいっぱいです…!








撮影:千葉県南房総にて。