興徳寺



「興徳寺」

静岡県富士宮市にある興徳寺。
桜の時期になると枝垂れ桜と富士山が撮れることで知られているお寺で、山号を「大日蓮華山」と称する日蓮宗寺院。
鎌倉時代の1289年に日興が、塚本源吾が馬見塚の霧ヶ峰に建立し寄進した「蓮華山 光徳寺」を受け開いたのがその始まりです。
興徳寺HP→http://kotokuji.jp/index.html



以前に一度行ったことがあるんですが、その時は枝垂れ桜と富士山なんて知らず、ただただ満開の桜を見て感動して撮影してました。


こちら

2014年撮影

今回(2018年)

今年はまだちょっと早かったな…。
でも咲いてる時期に行けたのでよかった。

そして富士山は雲に隠れてしまっていて諦めましたw


(しかしまぁ昔撮った写真の方がいいって…精進しますw)


参道の階段脇にある枝垂れ桜



その代わりに、というか訪れたのが朝日が上った直後のまだ勤行の聞こえる時間で
境内に生えてる草たちには朝露がいっぱい。


朝陽を浴びてキラッキラ!でした。


ベンチの下で輝く

足元に落ちてた桜の花びらにも朝露が。

枝垂れ桜と富士山。は見れなかったけど早朝訪れたおかげで思わぬ宝物を見つけて満足でした。

で、撮り終えて車に戻ろうとしたところで、犬の散歩をしていたおじちゃんに声をかけられる。


「横浜から来たの?ここを見に?わざわざ?!」
あー、はいw

おじちゃん首をちょっとひねって明らかに(そんなにいいか?ここ…)って感じ。
そして言いました。


「ここより75号行ってよ、ゴルフ場のとこあがってったとこの方がいいよ!素晴らしいから」

75号線?(なんか近くにあるんだな)そうなんだ、おじちゃんありがとうー!


っと車に戻り、とりあえずおじちゃんが言ってたとこへ向かってみることに。